【転職面接】準備なしの人によくある失敗!時間がなくてもできる事前準備!

働きながらの転職活動って時間がなくて本当に大変ですよね…。

しかし時間がないからといって準備なしで転職活動をするのはとても危険です!

転職活動をする人にありがちなのが、履歴書や書類は完璧なのに面接の準備を充分にせず本来の自分の良さや経験をアピールできず選考から外れてしまうという失敗です。

面接は書類では伝わらない自身の強みや仕事への意欲を伝えられる唯一の機会ですが、準備なしで面接に臨むと返ってマイナスな印象を持たれてしまうかもしれません。

そこで今回は転職面接で準備なしの人によくある失敗や、今すぐにでもできる面接の準備についてご紹介していきます!

記事監修

(株)Neutral
代表取締役 杉井俊貴

✅中長期見据えた転職成功へのロードマップを発信
✅IT、SaaS、人材業界、セールス職への転職に強み
✅ハイクラス層の支援経験から中長期見据えた提案に強み
✅20〜30代前半層をメインに転職支援の実績200名超
✅23年:オープンワークから優良エージェント認定
✅22年:急成長企業3社で年間トップエージェント

【1.7万名が閲覧!】一番人気のnoteもご覧ください。(以下をクリック!)

転職面接で準備なしの人によくある失敗

ではさっそくよくある失敗例をご紹介します。これまでの自分に当てはまってないか、またこのままではこの例のようになってしまうのではないかとご自身と照らし合わせながら読んでいってください♪

よくある質問でスムーズに回答できない

まずよくある失敗が定番の質問にスムーズに答えることができないです。

「よくある質問に答えられない」=「面接の準備をしていない」=「転職のやる気がない」と思われてしまいます!

もしみなさんが面接官の立場だったら、定番の質問にすらスムーズに答えられないやる気のない人を採用したいと思いますか?……思いませんよね。

どの業界でもどの企業でもよく聞かれるような定番の質問は事前に調べてスムーズに答えられるように準備しましょう♪

情報収集不足が面接官に伝わる

次に準備なしで面接に臨む人が陥りやすい失敗が情報収集不足が面接官に伝わるです。

何故この会社を選んだのか、どうしてこの仕事がしたかったのかというのは、業界や企業情報を調べないと答えられない質問です。

面接を受けた時に何故この会社を選んだのか説明できなければ、「この人は別に他の会社でもいいのでは…?」と、働きたい意欲をアピールできずに終わってしまいます。

求人情報の内容や会社のHP、インターネットでの検索などを用いてなるべくたくさん業界や会社の情報を集めておきましょう!

ポイント

しっかり情報収集をしていれば面接でスムーズに答えられなかったとしても、何人も相手にしてきたプロの面接官なら情報を集めてきたことは伝わるはずなのでそこはご安心ください♪

転職理由と志望動機に矛盾がある

準備なしでも面接に自信があるという人がよくしてしまう失敗がこれからお伝えする、転職理由と志望動機に矛盾があるです。

せっかく熱意が伝わるような志望動機を履歴書に書けたとしても、実際の面接で答える転職理由が「現職での人間関係が悪いから」や「給料に不満があるから」などでは、「履歴書の志望動機は噓だったのか…?」と面接官をがっかりさせてしまいます。

人前で話すことが得意で面接に自信がある人は、その場であまり考えずにスラスラと発言できるかと思います。しかしそのような人ほど面接の場を凌ぐためだけの転職理由を話してしまい、志望動機と矛盾してしまいがちです。

より転職への熱意を伝えるためにも、転職理由と志望動機は必ず一貫性のあるものにしましょう!

面接が明日でもできることをおさえよう!

転職面接の準備が大事なのは分かっても、準備する時間を確保しづらい方がほとんどだと思います。そんな方の為に、面接が明日でも今すぐに準備できる面接対策をご紹介していきます♪

履歴書に書いた内容をチェックする

まず転職面接の準備としてすぐにできることが、履歴書の内容をチェックするです。

前述した失敗例の中にもあった通り、履歴書に書いた内容と面接での発言に矛盾があると不信感を持たれてしまいます。

また、志望動機の確認はもちろん大事ですが職歴や資格などもいつ働いていたのか、いつ取得したのかも念のため確認しといてください!

職歴や資格の取得状況を聞かれた際に勤務年数や取得状況を間違えて答えてしまったが為に経歴詐称してるのではないかと、とんでもない事態にまで発展する可能性もゼロではありません。

そのような事態を避けるためにも、履歴書に書いた内容はチェックし何度も目を通しましょう♪

ポイント

履歴書に書いた内容をチェックするために、履歴書はデータで保存しといたりコピーしといたりと必ず自分自身の手元に残しておきましょう♪

定番の質問の回答は用意する

またすぐに準備できる面接対策でやってほしいのが、定番の質問の回答を用意しておくことです。

どの業界、どの企業でもよく聞かれるのが…

・自己紹介をしてください

・志望動機、転職理由を教えてください

・あなたの強みはこの会社でどのように活かすことができますか

・5年後、10年後のキャリアプランを教えてください

・年収はどのくらいを希望しますか

などなど、ここでは書ききれないくらい定番の質問はあります。

特に最後の年収に関しては新卒の面接では聞かれないような質問なので、転職面接だからこそ聞かれる定番の質問にもしっかり対策をしておきましょう!

定番の質問はインターネットで調べるとたくさん例がでてくるので、時間が許す限りなるべく沢山回答を用意しておけば本番の面接に余裕をもって臨めますよ♪

逆質問を用意する

またすぐにできる転職面接の準備として逆質問を用意しておくのも大切です!

逆質問とは主に面接の最後に面接官の方から「何か質問はありますか?」と聞かれたときに、こちらから面接官の方に質問することを指します。

ここで逆質問をしないと、「会社に興味がないのかな?」、「転職のやる気がないのかな?」、「何も考えずにずっと面接を受けていたのかな?」と良くない印象を抱かれてしまいます。

しかしそうはいっても何でもかんでも質問していいというわけではありません!

調べればすぐに分かるようなことだったり、既に面接中にでていた内容だったりすると、情報収集不足や話を聞いていなかったということが伝わるのでNGです。

逆質問は仕事への意欲や志望動機にリンクさせた内容にすると、転職したいという思いを更に伝えることができるので必ず用意しておきましょう!

ポイント

逆質問にはこんなものがあります♪

・入社するまでにどんな準備をしておけばいいですか?

・同じように転職をした方はどの程度で独り立ちしましたか?

・活躍している人の共通点はありますか?

面接の基本的なマナーを確認する

最後にご紹介するすぐに準備できる転職面接対策は、面接の基本的なマナーを確認しておくです。

いくら質問への回答が完璧だったり、やる気をアピールできる逆質問ができてもマナーが悪ければ面接のスタート時点に立つことすらできません。

面接を受ける服装にふさわしいのか、面接会場に着く時間は遅すぎたり早すぎたりしないか、言葉遣いや姿勢は間違っていないかなど、注意しなければならない面接のマナーは意外と沢山あります。

服装や到着時間については調べればすぐにわかることですし、言葉遣いや姿勢については目の前に面接官の方がいるとイメージして実際に声にだして志望動機を話してみたり、座り方や歩き方なども鏡をみて客観的に見てみると改善点が見つかりますので是非やっといてください!

まとめ

今回は転職面接で準備なしの人が陥りやすい失敗例や、すぐにできる転職面接を対策をご紹介しました!

時間に余裕がない社会人の転職活動は想像以上に大変ですが、面接までたどり着くことができれば夢の転職はもうすぐそこです!

だからこそ今回の記事を参考に転職面接の準備をしっかりしてその夢を掴みましょう!

みなさんの転職が素晴らしい結果になることを心から祈っています♪

最後までお読み頂きありがとうございました!

「【転職面接】準備なしの人によくある失敗!時間がなくてもできる事前準備!」へのコメント

コメントはありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

面接模範解答シートをLINEからプレゼント中!
【無料】LINE登録