第二新卒で未経験分野への転職を成功させるには?成功のカギを解説!

第二新卒が未経験分野への転職活動を続けていく中で、企業からどう思われているか心配な方もいるのではないでしょうか。経験不足のため不安に感じる方もいるでしょう。

第二新卒は企業からの需要が高まっており、適切にアピールできれば未経験分野でも転職は十分に可能です。

この記事では、第二新卒の転職におすすめの業種や、転職を成功させるポイントを解説していきます。未経験分野への転職を成功させるための注意点も紹介していきますので、この記事を読むことで、未経験分野へ挑戦する不安も軽減されるでしょう。

第二新卒から未経験分野への転職を考えている方は、ぜひ最後まで読んでみてください。

記事監修

(株)Neutral
代表取締役 杉井俊貴

✅中長期見据えた転職成功へのロードマップを発信
✅IT、SaaS、人材業界、セールス職への転職に強み
✅ハイクラス層の支援経験から中長期見据えて提案
✅20〜30代前半層をメインに転職支援の実績200名超
✅23年:オープンワークから優良エージェント認定
✅22年:急成長企業3社で年間トップエージェント

【1.7万名が閲覧!】一番人気のnote👇👇もご覧ください。(以下をクリック!)

第二新卒は未経験分野への転職は可能

第二新卒の需要と、おすすめの業種を紹介していきます。

まずは現状を理解して、どの業界を目指すか考えましょう。

第二新卒の需要は高い

少子化による労働人口の減少で、企業側が新卒一括採用する難易度が上がっており、若手である第二新卒の需要は高まっています。

第二新卒は年齢が若いことから、将来性に期待して採用されることが多いです。一度は社会に出たものの早期離職しているため、「次の仕事では○○がしたい」という明確な目的を持って転職活動しているケースが多く、仕事への意欲が高いと考えられています。

また、第二新卒はビジネスの基礎が身に付いているため、教育コストが抑えられるメリットがあります。通年採用である第二新卒は入社までの期間が短いことも企業にとって魅力的な要素です。

以上のような理由から、第二新卒を採用したいと考えている企業が増えています。

第二新卒へおすすめの業種

第二新卒におすすめの業界を紹介していきます。

IT業界
将来性が高く、人手不足の業界のため、未経験向けの求人も数多く出ています。専門知識が必要ですが、吸収力のある第二新卒ならすぐに仕事を覚えて活躍できるでしょう。

広告業界
インターネットやSNSが普及した現代では、広告業界にもさまざまなビジネスモデルが存在します。ポテンシャル採用に期待できる第二新卒におすすめの業界です。

人材業界
人材紹介や人材派遣、求人広告などの業界です。現代では多くの人が転職するようになったため、一定のニーズがあります。未経験者の採用が活発なため、第二新卒の方におすすめです。

商社業界
商社業界の中でも、特定の商材を扱う「専門商社」は転職しやすく、第二新卒にはおすすめです。扱う商品の数が限られているため、覚えることが多くありません。営業職の求人が多いですが、未経験でもビジネスマナーとコミュニケーションスキルがあれば活躍できます。

金融業界
銀行や保険、証券会社などの業界です。年収が高く、安定していることが特徴です。メガバンクや大手銀行への転職は難しいですが、地方銀行や保険会社なら「未経験可」の求人が多く出ています。

第二新卒が未経験分野への転職を成功させる3つのポイント

未経験分野への転職で、どのようなことが必要なのかを説明します。

自分で解決するのが難しい場合は、転職エージェントの利用もおすすめです。

自己分析を徹底し自己PRを効果的に行う

最初に企業研究を行い、どんな人材が求められているのかを把握しましょう。求人広告や企業のホームページなどを熟読し、企業が何を求めているのかを調べます。

次に自己分析から、自分の強みを探します。企業が求める人物像と重なる部分があれば、効果的なアピールポイントになるでしょう。

キャリアプランが決まっていないなら、すぐに設計することをおすすめします。自分が目指す方向性が明確になり、企業選びにも活かせるため、選考でのアピールにも役立ちます。

キャリアプランの立て方に関して手はこちらの記事も参考にしてみて下さい。

離職する前に転職準備を行う

未経験分野への転職は、書類選考や面接がうまくいかず、内定がもらえないことも珍しくありません。仕事を辞めてから転職活動を始めてしまうと、経済的に厳しくなるだけでなく、焦りから転職先を冷静に選べなくなる可能性があるでしょう。

第二新卒にとって初めての転職活動となるため、応募書類の作成や面接に慣れるまでに時間がかかります。そのため、精神的に安定した状態でないと、転職活動をうまく進められません。現職を辞めてからの転職活動は避けたほうがいいでしょう。

転職エージェントを活用する

自分一人での転職活動に限界を感じたら、転職エージェントへの登録をおすすめします。転職のプロであるキャリアアドバイザーが、転職に関すること全般をサポートしてくれます。

あなたのスキルや、希望する業界・職種をヒアリングしたうえで求人情報を提供してくれるため、マッチ度の高い求人を見つけられることが大きなメリットです。

また、相手企業との交渉を代行してくれるため、働きながら転職活動を進める方には時間の節約になります。転職活動を効率よく進めたいなら検討してください。

第二新卒が未経験分野への転職を成功させるための注意点

第二新卒を採用したい企業は多いものの、早期退職した事実については不安を感じています。

その不安を解消するためには何をすればいいのか解説します。

企業側の早期退職に対する懸念を払しょくする

第二新卒を採用したい企業にとって、退職理由は重要な確認事項です。そのため、伝え方次第ではマイナス評価になる可能性もあるでしょう。

退職理由についてはポジティブに言い換えることが大切です。「不満があったから辞めた」のではなく、「やりたいことがあるから転職を決意しました。」と伝えたほうが印象が良くなります。

また、キャリアプランを伝えて長期的に働く意思を示すことも効果的です。採用担当者が納得できるキャリアプランを作り込みましょう。

退職理由を他責にしない

退職理由を聞かれたときに、前職の批判をしないように気をつけてください。他責思考だと判断されると印象が悪くなります。

本当に職場に問題があったとしても、自分で何らかのアクションを起こして、問題解決のために努力したことを伝えてください。自分でできることはやったうえで、解決できなかったから転職を決意した。という流れで説明できれば、主体的な行動をアピールできるでしょう。

まとめ

第二新卒の未経験分野への転職について解説しました。第二新卒の需要は高まっており、未経験でもさまざまな業界への転職が可能です。

まずは企業研究・自己分析で適切なアピールポイントを探しましょう。現職を辞めてからの転職活動は避けてください。自分だけでの転職活動が難しいなら、転職エージェントを利用すると効率よく進められます。

短期間で仕事を辞めている第二新卒は、企業から「また辞めるのではないか」と思われています。そのイメージを払しょくするために、転職理由をポジティブに言い換え、好印象を得られるように工夫しましょう。

この記事の内容を転職活動に活かして、自分に合った転職先を見つけてください。

「第二新卒で未経験分野への転職を成功させるには?成功のカギを解説!」へのコメント

コメントはありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

面接模範解答シートをLINEからプレゼント中!
【無料】LINE登録