第二新卒歓迎はなぜ?歓迎される理由を企業の立場から解説!

転職業界では売り手市場が加速して、新卒採用に苦労する企業が増えてきました。そのかわりとなる手段として、第二新卒が注目されています。

採用予定数を確保できなかった企業が、第二新卒を採用することで人材を確保したい意図があります。また、早期退職した新卒の補充として採用するケースもあるようです。

この記事では以下の内容を解説していきます。

  • 企業が第二新卒を歓迎する意味
  • 第二新卒を採用するメリット
  • 第二新卒の採用で評価するポイント

この記事を読むことで、企業側が第二新卒に期待していることが理解できます。早期退職のリスクについても説明していますので、参考にしてください。

記事監修

(株)Neutral
代表取締役 杉井俊貴

✅中長期見据えた転職成功へのロードマップを発信
✅IT、SaaS、人材業界、セールス職への転職に強み
✅ハイクラス層の支援経験から中長期見据えた提案に強み
✅20〜30代前半層をメインに転職支援の実績200名超
✅23年:オープンワークから優良エージェント認定
✅22年:急成長企業3社で年間トップエージェント

【1.7万名が閲覧!】一番人気のnoteもご覧ください。(以下をクリック!)

第二新卒歓迎に込められた「意味」

企業が第二新卒を歓迎する理由を解説します。

どう考え、何を期待しているのかを参考にしてください。

経歴や職歴を問わずに募集している

第二新卒とは社会人経験3年未満で転職した人材のことです。卒業後3年以内を指すため、25歳前後とされますが最終学歴によって異なります。

それ以上の年齢でも受け入れるケースもあるため、第二新卒に明確な定義はありません。企業によっては漠然と「若手」を指す場合もあります。

多くの解釈で共通しているのは、「20代の人材」という点で、経歴や職歴は問いません。前職の影響が少ないことが新しい職場に馴染みやすいと考えられるため、積極的に採用されています。

20代を歓迎している

若手社員である20代は、新卒と同等のポテンシャルがあると考えられており、経験よりもポテンシャルで採用することが多いです。

また、第二新卒はすでに社会人経験を積んでいるため、ビジネスマナーの基礎が備わっています。新卒の採用時期は決まっていますが、第二新卒はいつでも募集して採用できることが特徴です。

つまり、基礎教育が終わっているポテンシャルの高い人材を、時期を問わず採用できることが、第二新卒の需要が高くなっている要因です。

企業側が第二新卒を採用するメリット

第二新卒を採用するメリットを紹介します。

柔軟性・教育コスト・仕事への姿勢について解説していきます。

若くて柔軟性がある

第二新卒は過去の経験から学び、企業研究をしっかりと行ったうえで少数の企業へ応募します。そのため、企業とのミスマッチが起こりにくいと考えられています。

また、社会人経験が少ないことから社風にも染まりやすく、企業のルールを一から覚えてくれる素直さも優遇される要因です。

今までのやり方に固執せず、新しい考え方を受け入れる柔軟性をプラスと考える企業も少なくありません。第二新卒の面接では、「新しいことに挑戦したい」という姿勢が将来に期待できる人材と評価されます。前向きな姿勢をアピールしていくといいでしょう。

新卒より社会人経験がある

短期間とはいえ社会人経験があることはメリットです。入社試験に一度は合格しているわけですから、ある程度の能力があると考えられます。

第二新卒は、前職で基本的なビジネスマナーや仕事の進め方といった、基礎が身についています。教育コストや時間を抑えられるため、早い段階で即戦力としての活躍が期待され、新卒よりも優遇される場合もあります。

つまり、第二新卒は、業界の構造や商談の進め方などを初めから理解しているため、即戦力として評価されやすいということです。第二新卒での転職を成功させるなら、第二新卒ならではの強みを面接を通して伝えていきましょう。

前向きに仕事に取り組む

一度失敗している第二新卒は、次の企業では活躍したいと考えており、新卒と比べて職業観や労働意欲が高い傾向があります。卒業からの流れで就職する新卒よりも真剣度は高いといえるでしょう。

会社文化への抵抗が少なく、意欲的に働けることにも期待されます。仕事を素直に吸収でき、前向きに仕事へ取り組む姿勢が評価されるため、幹部候補としての成長を期待されることもあるでしょう。

企業側が第二新卒者の採用で評価するポイント

企業が第二新卒のどこを評価して採用するのかを解説します。

面接で退職理由を明確に説明し、企業側の早期退職への不安をなくすことが重要といえるでしょう。

前向きな転職理由を持っているか

一昔前は、一度入社したら3年は働いた方がいいという考えもありました。しかし、現代では転職に対するイメージは変わってきています。

会社を退職した事実を踏まえて、次は「どんな観点で転職先を探しているのか」「失敗をどう活かそうとしているのか」を企業は重視しています。

新卒の就職活動で足りなかった点を振り返り、「今はどう考えているのか」「今後はどうしたいのか」を前向きな表現で伝えることが、第二新卒の面接では重要です。

長く働いてくれる人材か

第二新卒を採用する際の懸念点として早期退職が挙げられます。前の会社を短期間で辞めてしまった事実があるため、「またすぐに辞めてしまうのでは?」という不安も企業側にはあるでしょう。

そのため、第二新卒の面接では短期で転職した理由や、就職活動の反省点、仕事への意欲を説明していきます。早期退職の原因を次に活かそうとする姿勢が伝われば、企業側の懸念点である早期退職への不安もなくなるでしょう。

まとめ

売り手市場の現代では、若手社員の確保に苦労しており、足りない人材を補充するため第二新卒に需要があります。ポテンシャルで採用されることが多く、経歴や職歴を問わないケースがほとんどです。

企業側のメリットとして、柔軟性・教育コスト・仕事への姿勢が挙げられます。前の会社を短期間で辞めていますので、「転職理由」や「仕事への意欲」を面接で伝えておく必要があるでしょう。

仕事を素直に吸収でき、前向きに仕事へ取り組む姿勢が評価されるため、意欲的に働けることをアピールできるといいです。

「第二新卒歓迎はなぜ?歓迎される理由を企業の立場から解説!」へのコメント

コメントはありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

面接模範解答シートをLINEからプレゼント中!
【無料】LINE登録