なぜ転職するのか?転職理由の分析が転職活動の成功につながる!

本記事では、なぜ転職するのか?という転職理由を明確にすることが、転職活動の成功につながるということを解説していきます。

「なぜ転職しようと思ったのですか?」という質問は、転職活動において必ずといってよいほど聞かれる定番質問です。

にもかかわらず、丁寧に言語化できている方は少ないという現状です。

逆に言えば、この転職理由を明確にすることができれば、他の求職者と差をつけることが可能になります。

しかも、なぜ転職するのか?という転職理由の分析は、面接だけに役立つものではありません。

企業選びや自分のキャリア形成においても非常に重要になってきます。

本記事では、転職理由を分析する重要性や、面接での答え方まで深く解説していきます。

ぜひ最後までご覧になってください。

記事監修

(株)Neutral
代表取締役 杉井俊貴

✅中長期見据えた転職成功へのロードマップを発信
✅IT、SaaS、人材業界、セールス職への転職に強み
✅ハイクラス層の支援経験から中長期見据えて提案
✅20〜30代前半層をメインに転職支援の実績200名超
✅23年:オープンワークから優良エージェント認定
✅22年:急成長企業3社で年間トップエージェント

なぜ転職するのかはしっかり分析しよう

冒頭にもお伝えしましたが、自分の転職理由を丁寧に分析していきましょう。

繰り返しになりますが、「なぜ転職しようと思ったのですか?」という質問に、自分の言葉で明確に語れるようにならなければいけません

ここからは、その重要性について解説していきたいと思います。

転職理由が企業選びの軸になる

漠然と転職したいと考えている方は意外と多いです。

しかし、1歩前に進めない理由として、「じゃあ何をしたいの?」「どんな企業で働きたいの?」という転職理由が明確になっていないことが挙げられます。

転職理由を把握することで、自分の将来やキャリアが明確になり、自分のしたいこと、働きたい場所が見えてくるのです。

面接で必ず転職理由は質問される

冒頭にお伝えしましたが、転職理由は必ずといってよいほど聞かれます。

新卒と違い、少なからず1度は会社を退職する・しようとしているわけですから、その理由を聞くのは当然です。

その理由と志望動機に齟齬がないか、自社では退職せずに続けられそうかといった点を面接官は考えているからです。

この質問は定番質問なので、明確に答えられないと熱意が無いと受け取られる可能性も高いので注意しましょう

よくある転職理由

それではここで、よくある転職理由についても紹介しておきます。

このままマネするのではなく、自分の転職理由を深く考えるときの参考にしてもらえばと思います。

・年収・待遇

・ワークライフバランス

・キャリアチェンジ

・スキルアップ

・人間関係

・ビジョン・社風

・仕事内容

・将来性

ここで1つ注意頂きたいのは、転職理由を不平・不満などネガティブな印象で語ってはいけないということです。

転職理由にネガティブな印象を与えてしまうと、「自社でも同じような環境に遭遇した際に辞めてしまうのではないか」と評価を下げる可能性が高いからです。

たとえネガティブな理由だったとしてもポジティブに変換することが重要です。

こちらについては最後の章で詳しく紹介していきます。

転職理由には前向きなビジョンを持とう

転職理由は常に前向きでなければいけません。

よく退職理由と混同している方がいますが、退職理由と転職理由は少し違います。

当然、退職理由には「残業時間が多くて…」「社風が合わなくて…」などネガティブな要素が含まれます。

一方で、転職理由については、「こんなことがしたい」「経験やスキルによって、こんなことに貢献できる」など前向きな理由を考えておきましょう。

転職理由を志望動機につなげる

転職理由と志望動機に一貫性があると、面接官に納得されやすくなりますので、ここは必ず意識しておくとよいでしょう。

逆に、一貫性がない場合、「本当は違う理由で転職したいのでは?」と不信感に繋がる可能性もありますので注意してください。

1つ例をあげます。

たとえば、転職理由が「給与や待遇を改善したい」としましょう。

その場合の志望動機は、「スキルや成果に応じたインセンティブやポジションを獲得できる点に魅力を感じました」といった回答が1つの回答例になると思います。

「給与や待遇を改善したい」という転職理由と、「成果に見合った報酬」といった志望動機がうまく繋がっていますよね。

これが、「御社のアットホームな雰囲気に惹かれて」などと答えてしまうと、転職理由とうまく結びつかず、面接官にあまりよい印象を与えません。

この「転職理由と志望動機の結びつき」という点は忘れずに意識してください。

自分の現在と未来のキャリアを考える

また、自分の描く未来のキャリアから考えてもよいと思います。

将来、自分がどうなりたいのか?どのようなキャリアを形成したいのか?を深く考えてみるのです。

そして、未来のキャリアが決まったら、現在の自分と比較して、ギャップがどこにあるか確認していきましょう

そのギャップを埋めるために必要なスキルや環境が志望企業にあるのであれば、それを志望動機にすれば良いのです。

面接時に「なぜ転職するのか」を聞かれたら

ここまで準備できれば、「なぜ転職するのか」という定番質問には難なく答えられると思います。

ただし、回答の仕方には少し注意が必要ですので、ここでしっかりと確認しておきましょう。

嘘はつかずに前向きな言葉で表現する

大前提ですが、嘘はいけません。

面接官もプロですから、大抵の嘘はバレると考えておきましょう。

嘘はつかずに、前向きな言葉で表現することがとても大切です。

当然、転職するからには1つや2つくらいネガティブな理由があるものです。

ただ、それをそのまま伝えるのではなく、ポジティブなワードに変換して伝えるようにしてください。

たとえば先ほどと同じように「給与や待遇を改善したい」という転職理由だとしましょう。

その場合に、ただ単に「給与が低かったから、サービス残業が多かったから」などとストレートに理由を伝えるのは、あまり心象がよくありません。

「年功序列で営業成績が給与にあまり反映されなかった」のであれば、「若くても成果を出せば正当に評価してくれる会社に転職したい」といった変換がよいでしょう。

前の会社の不平不満ばかりを言わない

転職理由をお聞きすると、たまに前の会社の不平不満ばかり言われる方がいらっしゃいます。

様々な事情があることは理解しますが、あまり印象がよいとは言えません。

面接官も「当社に来ても、また同じような不満を抱いてすぐに辞めてしまうのではないだろうか?」と思ってしまいます。

繰り返しになりますが、転職活動においては、ネガティブなことをポジティブに変換して伝えるように常に意識してみてください

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回は、なぜ転職するのか?という転職理由を明確にすることが、転職活動の成功につながるということを解説してきました。

「なぜ転職しようと思ったのですか?」という質問は、転職活動において必ずといってよいほど聞かれる定番質問です。

また、転職理由については、嘘はもちろんのこと、ネガティブな表現は控えて、ポジティブに変換することがとても大切です。

人は、ポジティブなことを考えていると、気持ちまで明るくなっていくものです。

何かと大変な転職活動ですが、ぜひポジティブな気持ちで臨んでください。

あなたの転職活動が素敵な未来に繋がることを心より応援しております。

「なぜ転職するのか?転職理由の分析が転職活動の成功につながる!」へのコメント

コメントはありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

無料でキャリア相談
キャリアのプロ杉井に直接相談