第二新卒の面接対策はどうしたら?おすすめの対策方法を紹介!

第二新卒にとって転職活動は初めてのことなので、面接でどのような準備が必要なのかよく分かりませんよね。

「どんな質問があるのか」
「面接対策について教えてほしい」
という方も多いことでしょう。

そこでこの記事では、第二新卒の面接対策について解説していきます。面接官がどこをチェックしているのか確認しておきましょう。

また、第二新卒ならではの面接での注意点や、面接対策についても紹介しています。これから転職活動を検討している方は、ぜひ参考にしてください。

記事監修

(株)Neutral
代表取締役 杉井俊貴

✅中長期見据えた転職成功へのロードマップを発信
✅IT、SaaS、人材業界、セールス職への転職に強み
✅ハイクラス層の支援経験から中長期見据えて提案
✅20〜30代前半層をメインに転職支援の実績200名超
✅23年:オープンワークから優良エージェント認定
✅22年:急成長企業3社で年間トップエージェント

第二新卒の面接でチェックされるポイント

採用担当者は、第二新卒の面接でどのような点をチェックしているのかを解説します。

傾向を掴んで、しっかりと対策しておきましょう。

仕事に対する熱意

第二新卒は社会人経験が浅いため、実績や優秀なスキルを持っているケースはほとんどありません。採用担当者は第二新卒に対して、「実績やスキルは横一線のイメージを持っている」と考えてください。

そこで、採用担当者が重視するのが「仕事に対する熱意」です。自社に入社したい意志と、入社後にどれだけの成長が見込めるのかをチェックします。

そして、採用担当者が熱意を見極めるために使うのが志望動機についての質問です。業務内容を理解したうえで、転職理由を適切に回答できれば相手からの評価は高まるでしょう。

ビジネスマナー

第二新卒はアピールできる実績やスキルが少なく、ライバルとの能力差をアピールすることが難しいという側面があります。そのため、ビジネスマナーや身だしなみなど、ビジネスパーソンとしての振る舞いを注目されやすい一面があります。

基本的なビジネスマナー

  • 言葉遣いは適切か
  • 声のトーンに問題はないか
  • 相手の目を見て話せるか
  • 集中して話を聞いているか
  • 入退室のマナーを守っているか
  • あいさつがきちんとできるか

上記はどれも基本的なことですが、身に付けていて当たり前の必須スキルです。当たり前だからこそ、できないと判断されると大きな減点対象になります。きちんとできているか確認しておきましょう。

前職の経験とポテンシャル

第二新卒にとって、企業で勤務していた経験は重要なアピールポイントになります。その経験の中で何を学び身に付けたのか、今後の仕事にどう活かしていきたいのかを伝えましょう。

また、ポテンシャルを重視している会社には、自分の伸びしろをアピールしてください。企業は長期間にわたって業務に取り組める人と仕事をしたいと考えています。現在のスキルよりも、「チャレンジ精神」と「新しい分野への意欲」を伝えると効果的なアピールになるでしょう。

第二新卒ならではの面接での注意点

第二新卒の面接で必ず質問される、転職理由と志望動機には一貫性を持たせておきましょう。

矛盾した内容になると、不信感を与えますので注意してください。

早期退職しそうという印象を与えない

第二新卒には、新卒で入社した会社を3年以内に辞めている事実があり、面接官にはマイナスの印象があります。そのイメージを払拭するには、長く働き続ける意志を伝えなければなりません。

そこで、企業の業務内容や取り組みに注目し、他社にはないポイントを探してください。その独自のポイントが、自分の志望動機とリンクしていれば一貫性が生まれます。

志望動機についてはどの企業でも必ず質問されますので、自分なりの志望動機を作成しておきましょう。

他責的な退職理由をいわない

退職したことを会社や人のせいにしないことが重要です。それが事実であっても、そのまま伝えるのは避けましょう。質問の性質上、回答がネガティブなものになりがちなので、伝え方を間違えると悪い印象を与えてしまいます。

そのため、内容をポジティブに言い換えて答えてください。退職理由を志望動機につながるように説明すると、効果的なアピールになります。

転職理由のポジティブな伝え方はこちらの記事も参考にしてみて下さい。

第二新卒におすすめの面接対策

面接対策として重要なのは、業界研究と企業研究です。

転職エージェントでも、面接対策を受けられますので活用してください。

業界研究と企業研究を徹底的に行う

業界研究は、業界の特徴やトレンド、将来性を理解するために行います。また応募先企業の情報を調べる企業研究も転職活動を進めるうえで必須です。

2つの研究を進めることで、その業界や企業への適性を判断できるようになります。転職の目的を具体化し、あなたが望んでいるキャリアが実現可能なのか判断しましょう。

求人先を選んだり、応募書類を作成するためにも重要な役割を果たしますので、転職先のミスマッチを防ぐことにも役立つでしょう。

転職エージェントで面接対策を受ける

転職エージェントは業界や企業の深い情報を持っています。そのため、自分だけで転職活動を進めるよりもたくさんの情報を集められるでしょう。

提出書類の添削や、面接のサポートを受けられるため、転職活動に不安があるなら転職エージェントの利用をおすすめします。

また、自分だけでは気が付かなかった客観的な意見をもらえるため、転職先の選択肢が広がることも大きなメリットです。

特定の業界に特化したエージェントもありますので、自分のニーズに合わせて複数登録して併用すると効率よく転職活動を進められるでしょう。

まとめ

第二新卒の面接対策について解説しました。スキルや経験が少ない第二新卒の面接では、「仕事への熱意」や「ビジネスマナー」「ポテンシャル」をチェックされます。

早期退職しそうな印象を与えないためには、退職理由と志望動機に一貫性を持たせてください。特に、ネガティブな内容はポジティブに言い換えて伝えるように注意しましょう。

面接対策としては業界研究と企業研究を進めて、自分が望んでいるキャリアと業界の相性をチェックしましょう。転職エージェントを利用すれば手厚いサポートを無料で受けられます。面接対策のサポートもありますので、ぜひ利用してみてください。

「第二新卒の面接対策はどうしたら?おすすめの対策方法を紹介!」へのコメント

コメントはありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

無料でキャリア相談
キャリアのプロ杉井に直接相談