【IT転職イベント】転職フェアとセミナーの違いは?上手な活用方法!

転職フェアというイベントを聞いたことはありますか?
採用したい企業が集まる「転職合同説明会」のことで、企業の情報を集めたいならメリットの多いイベントです。

「どうすれば参加できるのか分からない」
「会場では何をすればいいの?」

という方も多いと思います。
そこでこの記事では、転職フェアについて解説していきます。

  • 転職フェアとは
  • 転職フェアとセミナーの違い
  • それぞれのメリット・デメリット

について説明していきます。

転職活動をしている方はもちろん、転職の詳細が決まっていない方にもメリットのある内容になっていますので、ぜひ最後まで読んでみてください。

記事監修

(株)Neutral
代表取締役 杉井俊貴

✅中長期見据えた転職成功へのロードマップを発信
✅IT、SaaS、人材業界、セールス職への転職に強み
✅ハイクラス層の支援経験から中長期見据えて提案
✅20〜30代前半層をメインに転職支援の実績200名超
✅23年:オープンワークから優良エージェント認定
✅22年:急成長企業3社で年間トップエージェント

転職フェアとは転職合同説明会

転職フェアとは、複数の企業が一堂に集まって開催される「転職合同説明会」です。

企業ブースを回ることで、短時間で複数の企業の情報が集められます。

興味のある企業のブースだけではなく、転職を考えていなかった業界の採用担当者からも直接話が聞けます。転職フェアは情報収集の場なので、応募する気がなくても質問できることが魅力です。転職に関する疑問を解決するなら、関係者に直接聞いてしまうのが早いですね。

転職フェアをきっかけに、それまで興味がなかった企業に関心が向いて、転職先の候補になるかもしれません。可能性を広げるためにも、たくさんの企業から話を聞いてください。

転職セミナーとは転職フェアと個別セミナーの総称

転職セミナーは、転職フェアとよばれる共同説明会と、個別セミナーとよばれる相談会をまとめた総称です。

それぞれについて、メリットとデメリットを説明していきます。

個別セミナーは事前予約制が多い

個別セミナーは、1対1でキャリアコンサルタントなどのプロとじっくり話すことができます。相手の都合もありますので、事前に予約が必要です。

転職の相談内容は、キャリア方針や転職活動の方法など転職に関することです。専門家のアドバイスを受けながらあなたの悩みを解決できます。やりたいことがはっきりしていない方は、個別セミナーで目標が明確になるでしょう。

転職フェアのメリットとデメリット

転職フェアのメリット・デメリットについて解説していきます。

内容をよく理解して、参加を決めてください。

メリット

転職フェアでは、会場にたくさんの企業の採用担当者が集まるので、効率よく情報収集できます。

転職フェアのメリット

  • 会社の情報が短時間で一度に集めることが可能
  • 応募する気がなくても直接社員に質問ができる
  • 求人情報では曖昧な情報を質問できる
  • 知らない企業と出会い選択肢が増える

情報収集により可能性が広がることが、大きなメリットです。

いろんなブースを回って積極的に情報を集めてください。

デメリット

メリットの多い転職フェアですが、デメリットもあります。

人気のある企業ブースでは、1人に対応する時間が短くなってしまいます。じっくりと詳しい話を聞くのは難しいでしょう。

転職フェアのデメリット

  • 人気企業は人が集まるので詳しい話が聞けない
  • 参加企業に偏りがある
  • 地方では開催頻度が少ない
  • 企業からの勧誘が多い

転職フェアの開催地が大都市に偏っているので、地方の方は参加が難しいことがあります。

企業からの勧誘が多いのはいいことに思えますが、断りきれなかったら時間が無駄になることがデメリットになります。限られた時間でたくさんの企業を見て回るわけですから、効率よく回りたいということです。

転職個別セミナーのメリットとデメリット

個別セミナーでは1対1でいろいろと話を聞くことができます。

こちらもメリット・デメリットを見ていきましょう。

メリット

個別セミナーは専門家と1対1でじっくり話し合えるのが大きなメリットです。

個別セミナーのメリット

  • キャリアの専門家とじっくり話せる
  • 何も決まっていなくても利用できる
  • 客観的で公平な意見が聞ける

どうするのかはっきりと決まっていない人の方がメリットは大きいです。

自分でキャリアプランを決めた人は、転職活動の進め方などを相談することになります。転職を希望している企業や業界の情報をいろいろと聞いてみるといいでしょう。

デメリット

個別セミナーのデメリットも見ていきましょう。

個別セミナーのデメリット

  • 面談を受けるために予約が必要
  • やりたいことが決まっているなら必要性が低い
  • 相手と相性が悪いとメリットが少ない

予約が必要で、時間を合わせる必要があります。また、やりたいことが決まっている人は、具体的な行動に移せますから相談することが少なくなります。

また、担当者も人間ですので、自分と担当者との相性が悪いと、思ったように話が進まずメリットが少なくなるでしょう。

参加企業に興味があればぜひ参加してみよう!

転職フェアはメリットが多いので、興味があるなら参加してみてください。

企業の面接担当者と直接話ができるので、面接の練習にもなりますよ。

転職フェアは面接の練習にもつながる

通常では書類選考を通過しないと担当者と会うことはありません。しかし、転職フェアには人事の採用担当者が来ていることが一般的です。その人が面接を担当しているので、面接の練習のつもりで多くの担当者と話をしておきましょう。

パンフレットで分からなかった点を質問できますし、会社の雰囲気などもチェックできます。貴重な機会ですので、有効活用してください。

まとめ

転職セミナーは転職フェアと個別セミナーの総称です。転職フェアはさまざまな企業から効率よく情報収集できます。一方、個別セミナーは専門家と1対1で面談できるのが特徴で、客観的なアドバイスを受けることができます。

どちらがいいのかは、あなたの悩みによって変わりますが、この記事にそれぞれのメリット・デメリットをまとめましたので自分ならどっちが向いているのか判断してみてください。

「【IT転職イベント】転職フェアとセミナーの違いは?上手な活用方法!」へのコメント

コメントはありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

無料でキャリア相談
キャリアのプロ杉井に直接相談